愛する気持ちが形になったマレッジリング

どんな指輪が好きですか

 結婚の証として交換するのが結婚指輪(マレッジリング)です。丸い形は終わりが無い事から『永遠』を意味していると言われています。
 お互いを思いやり愛し続ける気持ちが形となったこの指輪は、婚姻後お互いの左手薬指にずっとはめ続けます。そんな大切な指輪ですから、妥協する事無く2人でじっくりと選んでいただきたいのです。
 日本では以前より丈夫なプラチナを使ったマレッジリングを選ばれる方が多いのですが、欧米ではゴールドの指輪を選ぶ人が多いと言われています。しかし最近の日本でも今までの常識の中で選ぶのでは無くて、自分達らしさを表現出来る指輪を選ぶ方も増えているので、マレッジリングの世界はどんどん広がっているようです。

様々なデザインから選べます

 一般的な物だと、夫婦で同じデザインというのが定番ですが、最近では男女のデザインが異なった指輪も人気のようです。男性用は、目立たないように指輪の内側に石を入れたり、文字を刻んでみたりと工夫して、一方女性用は、普段使いのアクセサリー感覚で楽しめるように、デザインを凝ってみたり、石を飾って華やかにしてみたりと、日常から楽しめる指輪になっています。
 またハワイアンジュエリーのマレッジリングを選んだり、自分達で手作りをする人もいらっしゃいます。「手作りは難しそう」という方は、デザイナーと相談して世界でたった一つの指輪を作って貰うのも素敵ですね。
 昔からのイメージだと、ちょっと地味な感じもしていたマレッジリングですが、今はデザインも様々で、華やかな指輪に変わって来ているようです。

博多の結婚式場は、アクセス環境に優れている所が多く、多方面から招待客が集まる場合でも安心です。また、宿泊施設が周辺に多数存在する結婚式場も多いため、遠方からの招待客も快適に滞在できます。

© Copyright Wedding Flowers. All Rights Reserved.